FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

「メガフェップスダ」はもう止めましょう

誰が最初に考えたのか知りませんが,

目的語に動名詞しか取らない主要な動詞を丸暗記する方法として,

mind
enjoy
give up
avoid
finish
escape
postpone
stop
deny
admit

の頭文字をとって「メガフェップスダ」と教える授業が非常に多いです。

丸暗記や語呂合わせは取っ掛かりとしては有効ですが,暗記というものはできるだけ意味を理解した上で行なう方が定着が良く,ストレスも少ないのです。


これらの動詞が目的語に動名詞だけを取るのにはきちんとした意味があります。

(異論もありますが)そもそも動名詞というのは,いわば「現在分詞の名詞的用法」です。

「現在分詞」とは,動詞に-ing がつくことで「~している最中の状態」という意味の形容詞・名詞的な意味合いを持つようになった,まさに動詞から「分」かれてできたコトバ(詞)です。

一方で,「to + 不定詞」の to は,名詞の前だろうが動詞(不定詞)の前だろうが,「→」(矢印)という意味です。だから,「to + 不定詞」は「~という動作に向かっている」,つまりまだ現実になっていないというニュアンスです。


全ての動詞について完全に説明することはできませんが,

mind(気にする)のも,enjoy(楽しむ)のも,give up(やめる)のも,avoid(避ける)のも finish(終える)のも,そのとき「~している最中の状態」でなければできません。

だから,これらの動詞に,まだ現実になっていないというニュアンスである「to+不定詞」を続けるのは意味としておかしいのです。


逆に,「~している最中の状態」について want(求め)たり hope(望ん)だり wish(願っ)たりすることはできません。 もう既に現実になっているのですから。だからこれらの動詞の後には必ず to + 不定詞が続きます。

たったこれだけの話です。呪文のように「メガフェップスダ」と唱えるよりもスッキリと覚えられませんか。


➢ Good Chance Academy
➢  ↑↑公式サイト↑↑
➢ 佐賀・吉野ヶ里の英語塾
➢ グッドチャンスアカデミー
➢ gca.saga@gmail.com
➢ 080-4476-0094
➢ 佐賀市・久留米市から20分
➢ 小学英語から大学受験まで
➢ 
➢ 冬期講習残席わずか。
➢ お電話でお問合せください。



スポンサーサイト

Tag:文法ノート  comment:0 

なんでごちゃごちゃになるのか

◎文法ノート

英語の動詞っていうのはすべて,原形から4つに変化します(過去記事参照)。たとえば,


write - write(s) - wrote - written - writing


原形(write)が現在形(write-s)になり,過去形(wrote)になってるのまではわかりますね。

問題は次から。

written のことを「現在完了形」,writing を 「現在進行形」 と覚えている中学生が本当に多いんです。

もちろん間違いです。「現在完了」も「現在進行」も,決して動詞の変形パターンの名称ではなく,それぞれ動詞の「過去分詞」「現在分詞」をパーツとして使う時制の名称です。

どちらにも「~形」が使われているから混乱するんですよね。気持ちはすごくわかります。

いっそのこと,現在進行,現在完了,受動,仮定…,と動詞の使い方を中心とした文法は全部「法」と呼んでしまえばいいんじゃないかと思います。(はい,暴論です。気に障った先生方ホントごめんなさいm(_ _)m)


Good Chance Academy(GCA)
グッドチャンスアカデミー
good-chance-academy.com



IMG_1683.jpg

なんだ?




Tag:文法ノート  comment:0 

混乱を招くSVC

◎文法ノート

以前から5文型による指導に疑問を持っていて代替案を模索中のGCAですが,5文型のつまずきポイントをまた新たに発見しました。

第二文型 SVC。つまり,S = C と説明されるパターンです。

たとえば,

You are happy.

He is a teacher.

I am fine.

みたいな連結文(be で結ばれる文)。それぞれ「あなた,イコール,しあわせ」「彼は,イコール,先生」「私,イコール,元気」っていうふうに意味がとれますね。


で,述語に be じゃない動詞も使えますよ,と…

You look happy.

He became a teacher.

I feel fine.


うん,「あなたは,見えるよ,しあわせにね」「彼は,なったよ,先生にね」「私は,感じるよ,元気にね」ですね。確かに「あなた=しあわせ」「彼=先生」「私=元気」というイコールの関係は維持されているようにみえる。でも,イコールの関係は相当薄まってると思いませんか? 「あなた,イコール,しあわせ」って言い切れないから,わざわざ「look(まあ本当にしあわせかどうか知らんけど,少なくとも表面上はそう見えるよね)」を使うとことかね。イコールじゃないから別の動詞をわざわざ使ってるんですよね。まあいいや。


問題はここから。それぞれ yes/no疑問文にしてみましょう! ってときです:

Are you happy?

Is he a teacher?

Am I fine?


まではOK。で…

☓ Are you look happy?

☓ Is he became a teacher?

☓ Am I feel fine?


…ってやっちゃう人がけっこう出てくるんですね。ただでさえ 頭に be をつければ疑問文になると思ってる人が多いのに,SVC を導入するとそれに拍車をかけてしまう。

そこでグッチャンは,もう 連結文(be を使うイコール文) とSVCは別ものとして扱いましょうよ,むしろ,SVCとSVOとSV の区別をやめましょうよ,と思うわけです。be って本当に例外的な存在なので徹底的に別枠で教えた方がいい。SVCの中に be を使う文を加えてしまうとややこしくなるんです。



GCAでは,今のところ文型を以下のように分類しています:

① 連結文(イコールの意味の動詞 be を述語に使う文)

He is a student.

② 基本文

He came home.

He looks young.

He studies English.

③ 複合文

He gave her a present.

= He gave + [She has a present.]

He calls her Betty.

= He calls + [She is Betty.]



Good Chance Academy(GCA)
グッドチャンスアカデミー
good-chance-academy.com



IMG_1684.jpg

昼寝。


Tag:文法ノート  comment:0 

「~ている」問題

◎文法ノート

グッチャンが勝手に「~ている」問題と呼んでいる問題があります。特に中学生のみなさん,よく聞いてください。


①私は彼を知っている

②私は今宿題をしている

③私は5年間,日本に住んでいる


日本語では同じ「~ている」でも,それぞれ英語ではまったく違う言い方をします。つまり異なった文法を使います。意味合いが違うのです。

①は know という状態である。

②は do という動作をいま現在継続中である。

③は live という状態をある期間継続中である。

で,それぞれ,

① I know him.

② I am doing my homework now.

③ I have lived in Japan for five years.


と表現します。きちんと整理できていますか?


和訳できる=英語を理解できる,ではないのです!


このことがスッキリ理解できたとき,あなたの英語力はグンとアップします。



Good Chance Academy(GCA)
グッドチャンスアカデミー
good-chance-academy.com




IMG_1603.jpg

もう暴れんけん出してー

Tag:文法ノート  comment:0 

なんで現在のことなのに仮定法「過去」??

◎文法ノート(シリーズ・動詞の4段変形)

みんながつまずく仮定法。学校の授業では,If + S + 過去形,S + would + 動詞の原形~みたいなよく意味のわからない公式で「現在の事実に反する仮定」を表すという,またよく意味のわからない説明を受けたと思います。そういうグッチャンも高校生のときは仮定法をまったく理解できず,マライア・キャリー(古いっ!)の歌に出てくる "If you only knew what I feel for you, … I would be in heaven." という歌詞で無理やり覚えました。

そもそも仮定法って何でしょう? 

はい,if ではじまる文と思ったあなた,ちょっと長いですがぜひこのエントリを最後まで読んでくださいね。

仮定法を理解するにはまず仮定法じゃないものとは何かを理解する必要があります。

英語でも日本語でも,私たちが何かを書いたり話したりするとき,基本的にそれは事実(現実)にもとづいています。でないと,とても困りますよね。友だちに「この問題わかったからおしえてあげるよ」と言われて,いざ教えてもらおうとしたら「え? あれはこの問題わかってないよ,って意味だったんだけど…」って言われたらイヤですよね。気になる男子(女子)から「好きです。つきあってください」って言われて「はい!」って返事してウキウキしてたら,「は? あれって好きじゃないよって意味で,別にあんたとつきあいたいとか思ってないんだけど」って言われたらショックで寝込みますよね。

こういうふうに事実(現実)と反対のことばかり言う人は周囲の信用を失ってまともな社会生活ができなくなります(笑)。だから,私たちは基本的に事実(現実)にもとづいたことを言ったり書いたりするし,相手が言ったり書いたりすることについても,とりあえずそれは事実(現実)であると考える。


ところが,です。私たちはときに事実(現実)じゃないことを言ったり書いたりします。ウソをつくって意味じゃないですよ。ウソをつくときは,あくまで事実(現実)のフリをして言ったり書いたりするでしょ? 相手に事実(現実)だって思い込ませたいでしょ。そうじゃなくって,伝える相手にも事実(現実)じゃないってわかってもらった上で,そういうことを言ったり書いたりするってケースです。

それが仮定なんです。妄想って言った方がわかりやすいかもしれない。


たとえば,宝くじってめったに当たらない。でも,何億円って当たってる人は実際に何人もいるんですよね。で,私たちは妄想します:

いま宝くじで1億円当たったら,仕事なんてやめちゃうよ。

これが仮定(妄想)です。実際には宝くじなんて当たってません。だから残念ながら絶対に仕事をやめたりできません(笑)。

こういう場合,それが事実(現実)なのか仮定(妄想)なのかを区別しないといけない。そこで使われるのが,動詞(助動詞)の過去形なんです。


ちょっと復習しましょう。過去形が必ずしも「過去」のことを表すわけではないっていうお話,覚えてますか?? もし忘れちゃってる人がいたら「文法ノート」の記事をもう一度読みなおしてくださいね。そう,過去形っていうのは,基本的に「距離感」を表現するんです。すなわち,時間的な(現在からの)距離があるときは結果として過去のことを表し,心理的な(現実からの)距離があるときは結果として仮定(妄想)を表現する。

実はこれは英語独特のルールではなく,日本語でも同じです。さっきの例文を考えてみましょう:

いま宝くじで1億円当たったら,仕事なんてやめちゃうよ。


わかりましたか?? 「当たる」ではなく「当たった」ってはっきり言ってますね。これって過去形ですよね。でも,今現在の話をしてます。つまりこれは「現実からの距離感」がある話をしてるんです。

だから,英文が if で始まっていても,以下のような過去形を使わない文は決して仮定(妄想)を表してるわけではありません。つまり仮定法ではない:

If you study hard, you will pass the exam.

(一生懸命勉強すれば,試験に通るでしょう)

これは決して妄想ではないというのはわかりますよね。実際,あなたがこれから一生懸命勉強すれば試験に通ります。でないととても困る(笑)。だからこれはあくまで十分に実現しうる条件であって,仮定(妄想)ではないんです。「一生懸命勉強する」→「試験に通る」という因果関係を示しています。さらに試験に通るのは勉強した後のことだから,未来を表す助動詞 will を使っています。

では,この文を少し変えて,現実にはありえない妄想にしてみましょう:

If you studied hard now, you would pass the exam.

(一生懸命勉強するんだったら,試験に通るんでしょうけどね)

これは仮定法。「一生懸命勉強する」→「試験に通る」という因果関係を維持したまま,それぞれ study → studied,will pass → would pass とすることで現実からの距離感を表現しています。これってどういう状況で出たセリフかわかりますか? …ひと言でいうと,イヤミを言われてるんですよ,この人。素質はあるんだけどまったく勉強してないしやる気ゼロ。だから試験には通らない。

やはりポイントは過去形です。だから if はなくてもかまわないんです。同じような内容をこんなふうにも書けます:

With a little more effort, you would pass the exam.


今回は仮定法の基本中の基本だけをできるだけていねいに解説してみました。少しはスッキリしましたでしょうか?


Good Chance Academy(GCA)
グッドチャンスアカデミー
good-chance-academy.com


IMG_1485.jpg
看板出しました!

Tag:文法ノート  comment:0 

プロフィール

Good Chance Academy

Author:Good Chance Academy
佐賀県 神埼郡 吉野ケ里町 の個別指導英語専門塾です。大学受験・高校受験・英検対策など。

[塾生の在籍校]
三田川小・上峰小・東脊振小・神埼小…

三田川中・上峰中・東脊振中・神埼中・致遠館中・香楠中・東明館中・弘学館中・久留米大附設中…

三養基高・神埼高・鳥栖高・致遠館高・佐賀西高・佐賀北高・東明館高・弘学館高・久留米大附設高…


[塾生の志望大学]
佐賀大・九州大・福岡県立大・京都大・西南学院大・国公立医学部医学科…

ご訪問ありがとうございます。
王道の英語専門塾 GCA
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。