FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

【超】動詞の変形【重要】

◎文法ノート

GWボケからようやく復活したグッチャンです(^^;;

さて,いよいよ文法ノートも最初のクライマックス,英文法の要・動詞の4段変形

英語の動詞というのはすべて4つに変形(活用)します。まず,それぞれの名前と意味から確認しましょう:

(0) 原形 (be/take/have …)
辞書に載ってる形。文中では「原形不定詞」や「to不定詞」になります。しかし,GCAでは「不定詞」という概念は一切使いません! 英語を学習する上で必要だとはとても考えられないからです(別記)。

(1) 現在形 (am, is, are/take, takes/have, has …)
中学でいちばん最初に習う形。ところが実はやっかいで,「現在形」は必ずしも現在のことを表しません! このことをしっかり理解していないから,「現在進行形」とごっちゃになる人が多いのです。現在形は一般的なことを表します。「ふつうは~する」と意味を取るとたいがいうまくいきます。「一般形」とでも呼んだ方がしっくりきますね。

(2) 過去形 (was, were/took/had …)
「過去形」も実は必ずしも過去のことを表すとは限りません! 過去形が表すのは「距離感」。現在から時間的な距離があるとき,それは結果として「過去」のことを表し,現実から心理的な距離があるとき,それは「仮定(妄想)」を表します。このことをしっかりと理解していないと,「仮定法過去」でつまずいてしまいます。これも「距離形」と言い換えたいところです。

*以上2つが,基本的に「動き」を表す形(状態動詞は? というツッコミはとりあえずなしでお願いします)。で,以下の2つの「分詞形」は動きではなく「状態」を表します。つまり,ほとんど「名詞」「形容詞」の働きをします。

(3) 過去分詞形 (been/taken/had …)
「動作が終わった状態(の-)」という意味です。だから,その動作の主体(たとえば eat だったら食べる側)から見ると,「~しちゃってる状態(の-)」となって完了形を作り,その動作がおよぶ側(つまり食べられる側)から見ると,「~されちゃってる状態(の-)」となって受動態を作ります。あえて呼ぶなら「完了状態形」ですかね。

(4) 現在分詞形 (being/taking/having …)
その動作が継続「している状態(の~)」という意味です。これも中学でまず「-ing形」と習い,すぐに「進行形」が出てきて,さらに「現在分詞」や「動名詞」が登場。けっこうごちゃごちゃになっている人が多いのですが,実はぜんぶ同じもの。ここは「現在分詞形」で統一しましょう。進行形を作ったり,名詞の働きをするときはいわゆる動名詞になったりします。GCAでは現在分詞形≒動名詞として扱います。なぜなら,名詞化するのは別に現在分詞形の特権ではなく,過去分詞形だって名詞になるからです(本や映画のタイトル,"The gifted" とか "Unforgiven" とか見れば明白です)。「継続状態形」とでも呼びたいところです。


以上の4つ(原形を含めると5つ)の動詞変形パターンをきちんと習得すれば,時制・態・仮定法といった英文法のつまずきポイントがスッキリ理解できるようになるんです。




Good Chance Academy(GCA)
グッドチャンスアカデミー
good-chance-academy.com




IMG_1090.jpg
ピエトロのポークスープのパスタ。要するに豚骨ラーメンだ。



スポンサーサイト

Tag:文法ノート  comment:0 

単語の変形

◎文法ノート

変形する単語(品詞)というのは限られています。実は以下の5種類:

(A) 基本系の単語

(1) 名詞 (単数形↔複数形)
(a) boy →  boys
(a) tooth →  teeth

(2) 代名詞 (格変化: 主格(~が)/所有格(~の)/目的格(~に・を))
I → my → me
you → your → you
he → his → him
she → her → her
it → its→ it
we → our → us
they → their → them


(3) 動詞 (4段変形: 原形→ 現在形/過去形/過去分詞形/現在分詞形)
be: am/is/are → was/were → been → being
take: takes → took → taken → taking


(B) 説明系の単語

(4) 形容詞・副詞 (原級→比較級→最上級)
big → bigger → (the) biggest
famous → more famous → (the) most famous
good → better(the) best


(5) 助動詞 (現在形→過去形)
do(does) → did
have → had
am/is/are → was/were
will → would
can → could
may → might


以上。この中でも動詞の4段変形というのが英文法の要です。これをきちんと理解すれば,不定詞・仮定法・受動態・完了形・進行形・動名詞・分詞構文といった主要な語法をマスターできます。


Good Chance Academy(GCA)
グッドチャンスアカデミー
good-chance-academy.com


IMG_0944.jpg
イチ

IMG_0946.jpg
テト


Tag:文法ノート  comment:0 

まぎらわしい単語(1)

◎単語ノート

こういうやつ,一気に整理しましょう―。

[ポイント]
th が有声音か無声音か
gh を読むのか読まないのか
ou をどう読むのか


thought

though

through

throw

taught

tough

touch



発音あるいは意味がわからない単語があったら,いますぐ辞書でチェックしましょう!




Good Chance Academy(GCA)
グッドチャンスアカデミー
good-chance-academy.com



IMG_1077.jpg
昨日は鳥栖のアウトレットでデート*
もうユニクロ先生とは呼ばせない―。

*注: 妹(専業主婦・2児の母)と。


Tag:単語ノート  comment:0 

センター試験の解答戦略・2

◎小手先のテクニック

では,問題ごとの留意点。


1.発音・アクセント

これはとにかく一瞬でやる。1問3秒以内。というよりも,発音・アクセントについては一瞬でわかるように,ふだんからどのような教材に対してもリスニング・音読を怠らないこと。アクセントについては,シラブル(音節)感覚が身についているのが前提。出てきた単語が何音節なのか,パッとスラッシュを入れてわかるようになっておくこと。


2.文法

少しは考えてもよい。つまり,あーこの問題は○○の用法が問われてるんだな,と。仮定法だったり時制だったりあるいはイディオムだったり。ただし,絶対に予定の時間をオーバーしないこと。わからなかったらしるしをつけて後回しにする。並べ替えの問題(整序英作文)は,記号だけで考えるのではなく必ず実際に英文を書いてみる。


3~6.読解

知ってると思うけどまずは鉄則。センターに限らず(あるいは英語に限らず),

(1)長文問題は本文の前に問い(設問)を全部読む!




なぜか―。

① 問いや選択肢の中にすでに本文のだいたいの内容が書かれているから

② 本文を読みながら問いに取り組める(問いと本文を行ったりきたりする必要がない)から


次に,

(2) 段落番号をふる

(3) ピリオドごとに二重スラッシュ(//),カンマごとにスラッシュ(/)を入れる

(4) 知らない単語は○で囲ってうすく塗りつぶす


どうしてか―。

そもそも長文問題が苦手な人は,なぜ長文問題が苦手なのでしょうか。

それは,長文だから。つまり,短文ではないからです。とにかく長いからワ~ってなる。でもね,長文っていうのは所詮短文の集まりにすぎません。ひとつ一つの短文を頭から正確に読んでいくだけの話。

ここで「パラグラフ・リーディング」だの「大意を把握せよ」などといったことも言われますが,少なくともセンターレベルでは当てはまりません。求められているのはあくまできちんと精読する実力。たとえば否定詞ひとつ見逃しただけで,まったく逆の意味にとってしまうことになるんです。一語一語ていねいに読むこと。

だから,まずは段落番号やスラッシュで短文にバラしてしまう。そうすればプレッシャーも減るし,正確に読む手がかりにもなります。

さらに,知らない単語は必ず目立つようにマークする。長文になると必然的に知らない単語が出てくる確率が高くなる。で,知らない単語がちょこちょこある → ワ~,全体的にわからない! ってなる。ところが,知らない単語をマークしてみると… はい,マークした部分がわからないんですよね。ということは逆にいうと,マークしてない部分はわかるってことなんです。これでさらにプレッシャーが減る。


そして,


(5) 述語動詞(V)に二重線,それ以外の動詞に一重線を引く

(6) 接続詞・関係詞・疑問詞は□(しかく)で囲む

(7) 前置詞は○で囲む


こうすることで,文の構造を「見える化」します。GCAではひたすら音読とリスニングしかやってないような印象を持たれている人もいるかもしれませんが(笑),実はレッスンでいちばんチカラを入れているのが,この「見える化」の作業。日本語とまったく異なる構造の英文を「見える化」してまずは直観的に理解,その上でリスニング&音読によってそれを定着させるのが,GCAのトレーニングなんです。


(2)~(7)の作業をしながら読むことで,長文はグンと取り組みやすくなります。すなわち,

長文は目で読むんじゃない,手で読むんだ!




こうしてあたらめて書いてみると,どれもセンター試験以外にも広くあてはまるテクニックですね。そう,やはり「英語はひとつ」。「センターの英語」っていうジャンルが存在するわけじゃないんですよ。


あ,最後にひとつだけ。マークシートに書き写すのは,必ず大問ごとにまとめて。一問一問写していると記入欄がズレてしまったりするリスクがあるし,逆に最後に全部書き写すスタイルだと,せっかく答えを出したのにマークシートに書き写す時間が足りなかった,というシャレにならない事故につながるので要注意。


Good Chance Academy(GCA)
グッドチャンスアカデミー
good-chance-academy.com


ichiro.jpg


Tag:小手先のテクニック  comment:0 

センター筆記の解答戦略・1

◎小手先のテクニック

では,本題に入ります。センターに限らず,筆記試験でまず大事なのがズバリ…



時 間 配 分




わかっている人が大半だとは思いますが,試験開始の合図と同時にいきなり大問1の1から始めないこと。3分くらい時間をかけてまず全体の構成を把握する。センターの場合…

1. 発音・アクセント

2. 文法

3. 読解(短め) ×3本

4. 読解(中くらい) ×2本

5. 読解(長め) ×1本

6. 読解(長め) ×1本


という問題を80分で全部やらないといけない。


ここで,これらの問題は以下の2種類にわけることができます:

(1) 一瞬で答えが出る問題: 1・2

(2) 問題と別に本文を読まないと答えがわからない問題: 3~6


もちろん,(2) の配点が非常に高いし時間もかかる。そこでたとえばこういう配分をします:


(試験開始)  全体の把握 (2~5分?)

(残り75分)  1.発音・アクセント → 2.文法 (15分以内)

(残り60分)  3.読解(短め)3本 → 4.読解(中くらい)2本 (25分以内)

(残り35分)  5.読解(長め)1本 → 6.読解(長め)1本 (30分以内)

(残り 5分)  答えられなかった文法問題をやり直し

(試験終了)


よく初めての進研マーク模試を受けて,最後の長文問題を見る余裕すらなくまるまる落としたという人がいますが,センターでは時間切れで長文を捨てること即失敗です! 大量の長文を読みこなす実力をつけるのはもちろんのこと,時間配分でミスらないようにしましょう。 



Good Chance Academy(GCA)
グッドチャンスアカデミー
good-chance-academy.com


ichiro.jpg

Tag:小手先のテクニック  comment:0 

センター筆記の解答戦略・序

◎小手先のテクニック

塾長自身が,これまで受験した英検・TOEFL・TOEIC・センター試験その他大学入試等において過去問を解いて準備した経験がまったくないため,この手のテクニックは邪道(*1)の範疇に入るのではないかと,以前は指導を控えていました。実際,先ごろ英検3級に合格した塾生(中2)からは「グッチャンの指導にしたがって過去問・問題集等は一切やりませんでした。見てすらいません」とのうれしい声。

テストというのはあくまでテスト。実力を測定する,テストする(試す)機会に過ぎません。決して実力を伸ばすトレーニングにはなりえない。過去問をやるヒマがあるんだったら,ひとつでも多くの単語・表現を聞いて・音読して,暗記した方がよほど英語力は伸びます。過去問を「解いて」,知らない単語・表現についてうんうん考える時間ほど英語学習にとってムダな時間はありません。そもそも「問題を解く」という行為が英語にはそぐわない。出てきた単語・表現を知っている時点で答えは自動的に与えられてるんです。逆に言うと,知らない単語・表現はいくら考えても絶対に出てこない(*2)。

この点が,英語が国語・数学と根本的に異なるところですね。基本的に英語はいくら考えても答えは出ない。極論を言うと「知ってるか知らないか」ってだけの世界なんです。図にすると…


他教科


一方で…


勉強法


ところが,やはり試験問題の傾向に応じた小手先のテクニックによって,実力を3割増くらいにできるのも事実。次回はまずセンター試験対応のテクニックを公開します。


注)
*1: GCAは「王道」の英語専門塾。

*2: 音読と同じく,①文字↔音声の世界を往復し②インプット↔アウトプットを同時に行うトレーニングであるディクテーション(書き取り)に対してGCAが否定的な立場を取る理由です。そもそもスペルや発音・意味を知らない単語は,たとえ何百回聞いても書けるはずがない。すぐスクリプトを見て辞書で確認した方が能率的。



Good Chance Academy(GCA)
グッドチャンスアカデミー
good-chance-academy.com


ichiro.jpg


Tag:小手先のテクニック  comment:0 

単語の種類

◎文法ノート

2日連続の雨で散歩に行けず,イチが切れ気味(^^;;


さて先日,英文法とは「単語の並べ方」&「単語の変形の仕方」だとお話ししました。今回は,その内容に踏み込む前に,そもそも英単語にはどんな種類(品詞)があるのか考えてみます。

いろんな分け方があります。でも,GCAでは極力シンプルに説明します:


(A) 基本系の単語=名詞・代名詞/動詞

(B) 説明系の単語=冠詞・形容詞/助動詞・副詞

(C) 接続系の単語=前置詞・接続詞・関係詞(疑問詞)



以上。これらの単語が変形したり並んだりして英文が構成される。分詞とか動名詞とか不定詞とかは,すべて動詞の4段変形(活用)の枠組みで統一的に説明します。



眠いので続きはまた明日zzz



Good Chance Academy(GCA)
グッドチャンスアカデミー
good-chance-academy.com


ichiro.jpg



Tag:文法ノート  comment:0 

小学英語を考える

小学校の英語(外国語活動)が必修化されて早5年。ところが,その内容はネイティブの先生による「アクティビティ」や「ゲーム」ばかりです。実際にGCAの生徒さんにたずねてみると,どうもみんな英語の授業というよりも「ゲーム」の時間だと思ってるらしい…。

詳しくフォローしてるわけではないですが,小学英語の必修化って本来は日本人の英語力を底上げするためのものだったはず。つまり中学英語を前倒しで小学校でやって,中学では準高校レベルの内容を教え,「中高ギャップ」をなくすと同時に意欲のある高校生には英語圏の大学へそのまま進学できるところまでもっていくイメージ。英検でいうと準1級あたり。

でも,現行のままではまったくそういう感じではないですよね。大学入試の2020年問題に向けて徐々に改革されていくのでしょうか。

そもそも,どうして英語に関してだけ「英語と"なかよく"なりましょう」とか「英語で"あそび"ましょう」といった発想が出てくるのでしょう?? 小学校の算数では先生はまず容赦なく「九九」をたたきこみます。国語でも大量の漢字を泣きそうになりながら覚えさせられます。英語だって,算数や国語と同じ「勉強」なんです!

それなのに,今の小学英語はまるで算数で「数字あてゲーム」,国語で「しりとりあそび」ばかり繰り返しているようなもの。これってカリキュラムを変えたくない中学英語関係者の圧力でもかかってんの?? とつい邪推してしまいます(万が一,本当にそうだったら呆れてモノも言えませんが…)。

中学英語のカリキュラムが変えられないんだったら,せめて発音の基礎(フォニックス)だけでも算数の九九みたいにして叩き込んでほしい。せっかくネイティブ講師を全国に配置してるんだし。


小学生のみなさん,英語は「勉強」です。「あそび」じゃないんです。英語の「楽しさ」がわかるのは,あくまで最初に一生懸命に勉強した結果の話です。常用漢字を覚えることもなく面白い本が読めますか? 足し算引き算や九九がわからないままで楽しくショッピングができるでしょうか?

GCAでは小学生にも容赦なく発音記号を教えます。分詞・不定詞・動名詞を含む動詞の変形(活用)を統一的に理解させます(文法用語は極力使わずに,です)。とにかくまとまった文章を読んで,聴いて,音読・シャドウイングさせます。で,最終的には英検3級を目指します。あくまでその結果として,きちんとコミュニケーションができる英語力が身につくんです。

GCAの今後の目標は,小学生の生徒さんをもっと増やすこと。小学生に本物の英語の勉強とは何かをわかってほしい。そして中学に進学するときに,同級生を,学校の先生をビックリさせてほしい。別にエリート教育をしなくても,本当の小学英語を淡々とやってれば,これだけチカラがつくんだぞ,と。

小学生のみなさん,ゲームや英会話もいいけど,GCAで英語を読みまくって聞きまくりましょう!



Good Chance Academy(GCA)
グッドチャンスアカデミー
good-chance-academy.com



ichiro.jpg

Tag:未分類  comment:0 

恥ずかしいカン違い

ホームステイネタ続きます。

LAX(ロサンゼルス国際空港)からバスで揺られること4時間,サン・ルイス・オビスポ郊外のその町(村?)は,佐賀レベルのど田舎でした。

ホストファミリーとの対面の前に,まず現地のティーチャー=コーディネーター,リンダ先生と面談。

リ「あなたのホストファミリーの家からスクールまで通うのにはバイクを使うといいわ。一台貸してくれるように私から頼んどいたから」

グ「え? アイ・キャント・ライド・ア・バイク

リ「ウソでしょ? 乗れるわよ」

グ「乗れないです。免許ないし」

リ「バイクに乗るのに免許とかいらないわよ(笑)」

グ「ホントに乗れないんです!」

リ「…。じゃあ,YOU CAN LEARN. きっと長男坊のデイヴィッドが教えてくれるわ」

グ「…???」

はい,わかりましたか?


Good Chance Academy(GCA)
グッドチャンスアカデミー
good-chance-academy.com



Tag:未分類  comment:0 

グッチャンが発音に目覚めたとき

こんにちは! 春期講習で2週間連続毎日12時間しゃべり続け,思い切りノドをやられてたのがようやく治ったグッチャン塾長です。


まあ,GCAでは発音発音うるさく指導するわけですが,では塾長が発音の重要性に気づいたのはいつのことなのか。

今をさかのぼるること♪十年前,塾長は高校1年生でした。塾生のみなさんは信じられないかもしれませんが,なんと塾長にも,みなさんと同じ高校生だった頃があったんですね~。

で,夏休みを利用してカリフォルニア州にホームステイに行ったんです。そこで生まれて初めて本格的に英語をしゃべる機会を得たわけです。

おー,オレの英語けっこう通じるじゃん! と,わりと順調なすべり出しでした。

ところがある日,高校生だった塾長は髪を切りたかった。それで,ホストファミリーの長男・デイヴィッド君(当時12歳)にこう聞いた:

グ「バーバー(床屋)に行きたいんだけど…」(*もちろん英語です)

デ「…???」

グ「だから,バーバー」

デ「…?????」

グ「バーバーはどこ??」

デ「ちょっと何て言ってるかわからないw」

グ「バーバー! アイ・ウォントゥ・ハブ・マイ・ヘア・カット!

デ「Oh! BARBER!!

グ「そう! バーバー!!

デ「NO!! B-A-R-B-E-R!


わかりましたか?


今でもこのやりとりは鮮明に思い出されます。カタカナ英語しか知らなかった当時の自分にとっては,強烈な洗礼でしたね。



IMG_0317.jpg
塾長の知られざる特技・ラテアート。プロ級の腕前だ。



Good Chance Academy(GCA)
グッドチャンスアカデミー
good-chance-academy.com


Tag:未分類  comment:0 

プロフィール

Good Chance Academy

Author:Good Chance Academy
佐賀県 神埼郡 吉野ケ里町 の個別指導英語専門塾です。大学受験・高校受験・英検対策など。

[塾生の在籍校]
三田川小・上峰小・東脊振小・神埼小…

三田川中・上峰中・東脊振中・神埼中・致遠館中・香楠中・東明館中・弘学館中・久留米大附設中…

三養基高・神埼高・鳥栖高・致遠館高・佐賀西高・佐賀北高・東明館高・弘学館高・久留米大附設高…


[塾生の志望大学]
佐賀大・九州大・福岡県立大・京都大・西南学院大・国公立医学部医学科…

ご訪問ありがとうございます。
王道の英語専門塾 GCA
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。